IBA HOME

|

大学院博士課程後期課程(先端マネジメント専攻)

Institute of Business and AccountingGraduate Department of Advanced Management

博士課程後期課程 (先端マネジメント専攻)

理念・目的・教育研究目標・めざす学生像

1)理 念
経営戦略研究科博士課程後期課程先端マネジメント専攻は、先端的なビジネスの問題を解決することに注力しながら、理論的な研究と実践性のある応用研究の双方を推進することを理念としています。これを実現するために、企業や行政機関との連携を重要視し、理論的研究の水準を高めると共に、実証性の高い研究が可能になる基盤を確立します。その結果として、実践的課題と理論的課題を融合させることで高い研究成果を生み出すことができます。

2)目 的
経営戦略研究科博士課程後期課程先端マネジメント専攻は、社会との関係を重要視しながら、応用性の高い研究に積極的に取り組みます。研究分野の中心は経営学と会計学です。企業や地方自治体などの行政機関も含めたマネジメントに関わる問題を幅広く扱い、実践の中から得られる様々な知見を理論的に解明するとともにそれらの応用性を高めることに力点が置かれます。

3)教育研究目標
先端的ビジネス課題解決に向けた高度専門職業人の育成
経営学と会計学を基礎に置き、社会との関係を重視しながら、先端的なビジネス課題に対し、高度な理論研究と実践的な応用研究の成果を通じて社会に貢献し得る人材の育成を図る。

4)めざす学生像
経営学・会計学の高度な専門的知識に基礎を置き、学問的手法と実践的手法を用いて高度な研究に取り組む研究者や専門家を養成します。具体的には次のとおりです。
①企業経営者・企業幹部や自治体等行政機関の上級管理職となる者
②民間もしくは公設の研究所などの研究員
③高度なコンサルティング能力を持つ専門家
④専門職大学院等において教育・研究に従事する教員もしくは実務家教員

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
「先端マネジメント専攻」では、
企業経営者・企業幹部や自治体等行政機関の上級管理職となる者
民間もしくは公設の研究所などの研究員
高度なコンサルティング能力を持つ専門家
専門職大学院等において教育に従事する研究者教員もしくは実務家教員
などの養成を目指しています。そこで、マネジメントの問題を解決することを目標としてアカデミックな研究と実践性のある応用研究の双方を推進する能力を持ち、高い研究成果を示した学生に「博士(先端マネジメント)」の学位を与えます。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
3年以上在学し、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び総合学力認定試験に合格することを修了要件としています。また、研究指導教員の判断と学生の研究計画に応じて、授業科目の「先端マネジメント特殊研究」を受講することとしています。以下にその研究指導の過程を示します。
(1)1年次
「博士論文研究準備計画書」の作成、該当分野の基礎文献研究、主題に関わる研究分野の指導を受ける。また、関係分野の優れた内外の学術文献を多量に講読する。
(2)2年次
博士論文の準備を推進するため、研究の目的・対象・方法論を明確にする指導を受け、学問的な研究の指導と共に、マネジメントの実際の理解を深め、実証的な研究を通じてそれを理論化する研究指導を受ける。「博士論文研究中間報告書」を提出し、2年次の終了時には、「総合学力認定試験」を受験する。
(3)3年次
博士論文の完成に向けて、論文の構成・体系等枠組みの検討、実証性の確認、導かれる結論の検証など、最終的に論文を完成させるための研究指導を受ける。最終的な研究成果を公開形式で報告する。「博士論文」を提出する。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
経営戦略研究科博士課程先端マネジメント専攻は、社会との関係を重要視しながら、応用性の高い研究にも積極的に取り組み、大学教員の養成に主眼をおかない後期課程です。学問分野の中心は経営学です。研究の対象としては、企業や公的機関も含めたマネジメントに関わる問題を幅広く扱い、実践の中から得られる様々な知見を理論的に解明するとともにそれらの知識の応用性を高めることに力点を置いています。したがって、本博士課程の理念・目的は、先端的なビジネスマネジメントの問題を解決することに注力しながら、理論的な研究と実践性のある応用研究の双方を推進することです。これを実現するために、企業や公的機関との連携を重要視し、理論的研究の水準を高めると共に、実証性の高い研究が可能になる基盤を確立します。その結果として、実践的課題と理論的課題を融合させることで高い研究成果を望むことができると考えています。 この入学試験では、そうした目標等に共感し適合する者を選抜するために、その学力や達成意欲等を総合的に選考します。

概要

名称 関西学院大学大学院経営戦略研究科
専攻・課程等 先端マネジメント専攻(博士課程) 英文名称:Advanced Management
取得学位:博士(先端マネジメント) 英文名称:Ph.D.(Management)
学生定員:入学定員4名、収容定員12名
設置場所:西宮上ケ原キャンパス
設置形態 独立研究科
標準修業年限 3年
設置時期 2008年4月1日
開講時間帯 昼間、夜間・週末の時間帯


※ 授業開講場所・通学について
設置場所は西宮上ケ原キャンパスですが、大阪梅田キャンパスでも授業が行われますので、両キャンパスへの通学となります。

入試概要Outline of Entrance Examination

国内からの出願 / for residents in Japan for residents overseas

サンプル問題・課題図書 Sample question and reference books

2018 春入学試験/Spring 2018 entry(for residents in Japan) Spring 2018 entry(for residents overseas)

入試説明会の実施について<事前申し込み制>

日時 2017年11月29日(水)19:00~20:00
場所 関西学院大学大阪梅田キャンパス 1407教室
(アプローズタワー14階:大阪市北区茶屋町)
内容 ●説明会
・博士課程の位置づけ
・先端マネジメント専攻概要
・入試概要
●入試要項配布
●個別相談
申込 必要事項を明記のうえ、実施日の1週間前までにEメールにてお申し込みください。
<必要事項> ①氏名 ②Eメールアドレス ③電話番号 ④希望する分野名
<宛先> iba@kwansei.ac.jp

教育課程

「建学の精神に基づいた高い職業倫理」を基礎にして、基礎研究と応用研究のバランスを計ることが先端マネジメント専攻の理念です。本専攻の教育課程は、研究指導に加えて特殊研究を置き、応用性の高い学問分野の知識を効率的に修得できるようにしています。

教員組織

教教員組織は、博士論文の作成指導を行う研究指導教員と、特殊研究の指導を通じて博士論文の作成を補助する研究指導補佐教員から構成されます。


① 研究指導教員

石原俊彦(監査論、行政経営論)
稲澤克祐(公会計論、財政学)
上田耕治(財務会計論、企業内容開示論)
岡田克彦(コーポレート・ファイナンス、インベストメント)
佐竹隆幸(中小企業、産業政策、地域振興、企業倫理)
杉本徳栄(国際会計論、国際会計基準論)
鈴木修(組織の両義性)
玉田俊平太(テクノロジー・マネジメント、イノベーション経営)
徳崎進(管理会計論、経営財務論)
山地範明(財務会計論、連結財務諸表論)
山本昭二(流通システム、サービス・マーケティング)
油谷博司(ファイナンス)
David Thomas Methé(Management, Corporate Strategy)

② 研究指導補佐教員

大内章子(人的資源管理、女性労働)
緒方勇(管理会計論) 
岡本智英子(商法、会社法)
加藤雄士(経営管理論、経営理念)
定藤繁樹(ベンチャー・ビジネス、アントレプレナーシップ)
佐藤善信(マーケティング・マネジメント、経営人材教育)
西尾宇一郎(監査論、会計倫理)
Norlia Ahmad(Marketing and Innovation, Consumer Behavior)
Mohammad Haider(Sustainability accounting and reporting)

×CLOSE