IBA HOME

|

松藤 保孝

経営戦略研究科について

教員紹介

教授

松藤 保孝

東京大学法学部卒業後、自治省(現総務省)入省。総務省で、地方公務員の給与制度の企画立案、育児休業法やPKO法の制定、選挙制度改革、地域振興政策に、経済産業省中小企業庁で、商業・サービス業の振興、中心市街地の活性化に、内閣官房や内閣府で、地方創生の推進に従事した。また、京都府、三重県、神奈川県、堺市に勤務し、予算編成、政策の企画、地域振興、医療保険、環境アセスメント、環境政策、市町村合併等を担った。2011年度から3年間は関西学院大学法学部教授として公共政策論等を担当。さまざまな実務経験を踏まえ、新たな地方自治のシステムをはじめ、住民の個性を生かす地域活性化施策や社会システムのあり方を探求している。著書に、「行政経営のリ・デザイン」(2012年、時事通信社)、「財務運営と地域の経営」(2011年、日本経営協会)、「個性輝く自治を目指して」(2011~2012年)、「地方で稼ぐ」(2016年から)、週刊「地方行政」に連載がある。

担当科目
  • 自治体財務管理
  • 自治体財務管理事例研究

×CLOSE