ハッピーキャリアプログラム 女性の仕事復帰・起業コース ーリカレント教育ー

Graduates Voice修了生の声

修了生の声

5期生 大澤陽子

育児休業者

30代 株式会社大丸松坂屋百貨店

第2子の産前休職に入る直前に職場で大規模な組織変更があり、取り残された気持ちのまま休職期間に入りましたが、何かできることにチャレンジしたいとの思いでこのプログラムを受講しました。受講を始めて痛感したのは、自分は今まで何も考えずにただ目の前の仕事をしてきただけなのだな、ということ。向学心や前向きさに満ち、イキイキとしている同期生や修了生に刺激を受け、また自身とは異なるキャリアや価値観を持つメンバーと共にワークライフバランスについて向き合うことで、受講前とは異なる視野でこれからの生活や仕事について考えることができるようになりました。
「キャリアデザイン」の授業では3年後の目標設定を行います。修了後約3年経った頃にあらためて見直してみると・・自身の状況変化で不要になった項目以外はほぼ納得のいく結果となっていました!これもハッピーキャリアに出会えたからこそだと思っています。

その他育児等休業者の声はこちら

5期生 島千佳

再就職

40代 ワンゲイン株式会社 マネジメント部部長

「生きることは学ぶこと」中学卒業時に恩師から頂いた言葉です。私がハッピーキャリアプログラムと出会うことが出来たのもこの言葉のお蔭です。証券会社に5年間勤務し退職1年後に結婚。専業主婦となり長女が中学入学を果たすまで16年間を家事や育児、それに伴うPTA活動に専念してきました。自分の人生を大方やり切った感覚でいたその頃、あの言葉が私の心を過ります。学びたい。そんな時偶然出会えたこのプログラムはまさに神様との出会いのようでした。社会から取り残されPCもまともに扱えない状態で具体的な目標などまだ何も持てなかった私に学ぶチャンスと、ビジネスの最先端プログラムとの出会いを与えてくれました。現在結果として再就職を果たしており、社内でマネジメント部部長を拝命しておりますが、ITの基礎はもちろん、リーダーシップ論やロジカル的思考など様々な場面で役立っています。まずは学ぶことから。きっと何かが変わります。

その他再就職者の声はこちら

2期生 金城貞美

起業

30代 株式会社ベイルインテリア 代表取締役

ハッピーキャリア受講前は、2人目出産後に勤めていた事務所を退職し、そろそろ独立してやってみたいという気持ちはあるもののどうしたらいいのかわからず、たまにくる仕事をこなしている日々でした。プログラムを受講していくうちに、子育てをしながらどこを目指して仕事をしていきたいのか、今できることは何か、強みや弱みは何かなど、自分自身を棚卸し客観的に見直すことで、自分の殻がむけたような気がしました。そして学ぶことの楽しさや学び続ける重要さを痛切に感じました。多角的な見方や考えを仲間たちからも教わり、プログラム修了後すぐにインテリアコーディネーター、整理収納アドバイザーとして起業しました。人生においてとても貴重な時間を過ごすことができ、幸せに思います。
BAIL.INTERIOR HP:http://bail-interior.com/ ブログ:http://ameblo.jp/samimomo/

その他起業者の声はこちら

育児休業者

10期生 柴田友美

30代 株式会社大丸松坂屋百貨店

私がハピキャリを受講したのは第二子の育児休業中でした。第一子出産後に復職した際には、働く場所があることが有難いと感じる一方で、今後のキャリアをどう築いていけばよいか悩んでいました。焦る気持ちはありながら、何に取り組めばよいかわからない状況でハピキャリに出会い、直感で飛び込みました。
私がハピキャリで得たものは自信と仲間の二つです。論理的思考のためのフレームワークを学び根拠を持って自分の意見を語れるようになったことや、育児や家事と両立して納得いくまで課題に取り組みやり遂げることができたという自信。また今までの自分をしっかり棚卸したことで今後目指すキャリアの方向性にも自信が持てました。
さらにハピキャリの同期は年齢や経験が様々な中、互いの姿に影響を受け学びあう存在でした。何より立場や状況の違いを超えて互いの個性や長所を活かしあう関係を作れたことがこれからの大きな糧になると思います。
今後はキャリアデザインで描いた未来に向かって一歩ずつ進んでいきたいと思います。

9期生 伊藤文香

30代 カゴメ株式会社

娘が生後半年になる頃、そろそろ自分をメンテナンスする時間を作りたいと思い色々なプログラムを調べていた時に、ハッピーキャリアプログラムに出会いました。プログラムの内容は想像以上にハードで家族にもたくさん協力してもらうことになりましたが、プログラムを通して得られたものもまた想像以上のものでした。私がハピキャリで得たものは大きくまとめると3点あります。①仕事の基礎力:会社の経営全般に関すること、自分の思考や行動のクセ、リーダーのあるべき姿、など普段業務に追われているとなかなか目をむける余裕がないことにも向き合うことができました。②復職後に向けたウォーミングアップ:自分自身の時間管理や健康管理のスキルに加え、子供の集団生活への免疫をつけることもでき、スムーズに復職後の生活をスタートできました。③仲間との出会い:前向きでパワフルで思いやりにあふれた、素敵な人ばかりのクラスでした。先輩ママや自分とは異なる働き方をしている人の話は本当にためになるものが多く、ここで得た繋がりは宝物です。これを読んでいる育休ママの育休ライフが充実した日々になることを祈っています!ハピキャリはきっとそんな日々を実現してくれると思いますよ!

8期生 佐藤宏美

30代 株式会社大丸松坂屋百貨店

新卒で12年間働き、第一子を出産、約2年間の育児休職中後半にハッピーキャリアプログラムを受講しました。受講前の私は、好きだったバイヤーの職務を続けたかったという後悔、休職期間を有効に使えていないことへの焦り、今後育児勤務で復帰してキャリアアップするのは難しいのではという不安を抱えていました。しかし、ハッピーキャリアの授業を通して、自己の棚卸しをし、モチベーションを高め、明確なキャリアビジョンを描けたおかげで、自信をもって復帰に臨むことができました。私は今、復帰後1年を経て、職場での役割や社内資格の取得など新しい課題を達成しながら、掲げた大きな目標に近づいているという実感があります。カリキュラムで学んだこと、修得したことは今後も自身のキャリアアップのための指針になるだろうと感じます。この人生の転換期にハッピーキャリアに出会い、学びの機会をえられたことを感謝しています。

7期生 松永浩枝

40代 オムロン株式会社

第二子の育児休業中に、この期間をキャリアダウンではなくキャリアアップの機会にしたいと思い、ハッピーキャリアを受講しました。プログラムは、論理的思考力、交渉力、英語といった自分自身の業務の中で課題であり興味深い内容ばかりで、また実践的であったため、のめり込んで勉強できました。またキャリアデザインの授業や同期と腹を割った交流を通じて、自分のキャリアの核となるものが明確になり、これからの人生においてぶれない自分になれたように思います。ハッピーキャリア期間中は、家事育児をこなしながら、授業だけでなく宿題やグループワークの時間を捻出することが大変でしたが、育児中であっても勉強することの大切さを痛感し、またそれを実践することができたことは今後の復帰に向けて、私にとって大きな気付きとなりました。ここでの学びをステップに、今後も自分らしくキャリアを歩んで行こうと決意しています。

5期生 新田 麻衣子

30代 製薬会社勤務

新卒で製薬会社に入社して、がむしゃらに働いてきましたが、第1子出産後、育児休暇を取得。半年間は育児に追われましたが、一段落後、少しずつ自分の時間ができ、仕事復帰のことを考え、とても不安になっている自分がいました。何かこの時間にできることはないか、しなければならないのではないかと焦りを覚えているときに、ハッピーキャリアに出会い、自分を向上させたいと期待して飛び込みました。受講してみると、同期生や修了生のキャリアに対する意識の高さ、向学心の高さに想像以上に刺激を受け、プログラムを真剣に取り組みました。人生いつになっても知識や視野を広げて自分の価値を高めていくことの大切さを認識し、自分にとっては大きな節目になりました。また、自身の仕事をする意義を見つめ直すことができ、現在は、仕事を前向きに捉えられるようになりました。

4期生 前野由美子

40代 株式会社大丸松坂屋百貨店 本社業務本部人事部 キャリアサポートカレッジ担当

育児のための短縮勤務中に、まさに「計画された偶然」に導かれてこのプログラムを受講することになりました。受講時は勤務時間が更に減るので大変でしたが、少ない時間で集中して仕事をする癖がついたように思います。ITの授業もそのための効率化に大いに役立ちました。そして何よりの収穫は、人生の棚卸をしてキャリアプランを立てた事、また素晴らしい先生方や自分で人生を切り開こうとしている前向きな仲間に出会え、触発された事です。受講するまでは、仕事と生活をこなすことに精一杯でキャリアアップどころか勉強など考えたことも無かったのですが、今は自分で立てたプランに従って産業カウンセラーの勉強を始めるなど、自身の“エンプロイアビリティ”を上げようと努力する日々が送れています。

忠津 剛光様

株式会社大丸松坂屋百貨店 本社業務本部人事部 人材育成・採用担当部長

私達が人材育成のプログラムを組み立てる時に大切にしていることが3つあります。第一に知的でワクワクするカリキュラム 第二に意志意欲に溢れる受講生 第三に情熱溢れる一流の講師 です。 このプログラムに派遣した前野さんは2人の子育て中、短時間勤務でキャリア開発センターの仕事に取り組んでもらっていますが、「勉強するのが楽しい、外部の皆さんからすごく刺激を受ける」と報告を受けていたこともあり、修了式の発表会に出席させてもらいました。受講生皆さんの真剣さ輝き、学んだ知識を活かしたプレゼン、そして情熱溢れる講師陣のコメントに触れこのプログラムには3つの要素が揃っていると確信しつつ、私自身も何か感動してしまいました。これを機会に前野さんと事後の面談で確認した職務拡大につなげることが会社・上司の責任だと強く認識しています。

2期生 本元 禎子

40代 生活協同組合コープこうべ

店舗で副店長をしていましたが、不妊治療のために1年間の休職を取らせてもらいました。この機会に勉強したいと思い、ハッピーキャリアに申し込みました。結局子供には恵まれずに復職し、メンバーからやり直して、現在は店長をしています。休職したため管理職になるまで3年ほど遠回りしましたが、ハッピーキャリアでの学びや同期生との関係はそれを上回る収穫があり、休職して勉強出来て良かったと思います。グループワークやコミュニケーションを重視した授業が中心で、仕事をする上での基礎体力がつきました。特にリーダーシップやマネジメントは、実践でやってきたことが理論で整理や確認ができて、自信となりました。何より、一緒に頑張った同期生との関係は何ものにも変え難く、今でも交流があります。最近は将来のコープを考える検討会議に呼ばれるなど、店舗以外の仕事もしていますが、その際もハピキャリでの授業がとても役立っています。

山下 栄児様

生活協同組合コープこうべ 武庫川店長

本元さんは、もともと頑張り屋の女性。会社を休職中にモチベーションダウンする人が多い中、ハッピーキャリアがあったからモチベーション維持ができたのではないかと感じている。他の受講者と接することで女性同士の立場でミュニケーションもとれ、自信につながっているだろう。ゼミ形式の授業が良かったのではないか。復帰後はさらにパワーアップしてきた印象です。

再就職者

10期生 木佐貫麻美

もっと仕事にやりがいを感じたい、成長し続けたい、そんな思いからハッピーキャリア受講を決意しました。受講前は2人の子どもたちの育児と研究機関での非常勤の仕事を両立させるのに精一杯で、自分自身に自信が持てませんでした。
授業では、グループワークや発表の中で、同期生と議論を重ね、アイデアを出し合い、励まし合う中で、強い信頼関係を築くことができました。そして、それぞれの持ち味や強みを発揮し、補い合えるようになり、「自分一人では成しえないことも、多種多様な経験や背景を持つ仲間と力を合わせれば、可能になる!」と何度も実感できました。また、自身のキャリアに真剣に向き合い、修了後の具体的な実行計画を立てる頃には、前向きに行動を起こすことができるようになりました。
ハッピーキャリア修了後は、ご縁をいただき、(株)竹延で働き始めました。今後もハッピーキャリアでの学びを少しでも活かせるよう意識しながら、真剣に働き、学び続けていこうと思います。

竹延 幸雄様

株式会社 竹延 代表取締役社長
株式会社 KMユナイテッド 社長兼CEO

「みなさんも74億分の1の出会いをここで」
世間にはいろんな人がいて、いろんな出会いがある。実は私は、2017年まで関西学院大学ビジネススクールに通っていた。大阪の老舗塗装会社で新たに“KMユナイテッド”という人材育成会社を起業して数年の頃で、経営の主軸にあるダイバーシティ経営をいかに生産性革命につなげていくべきか解決したかったのである。昼間働き、夜に学んでは事業に反映させる睡眠4時間の日々。ハッピーキャリアの運営もされている大内先生のアドバイスから少しずつ事業に光が見え始め、社会的にも評価され、なんと大内先生がビジネスケースを書いてくださった。いつ倒産するかわからない零細会社社長の七転八倒のストーリーである。そして運命はつながる。ハッピーキャリアの授業でビジネスケースを読んだ女性が当社でのインターンを志願し、そして入社。それが木佐貫さんである。何事も始めることは大変である。しかし始めることは人間にしかできない特権である。失敗も苦労も、信頼できる仲間とならいつか笑い話になるのも人間の特権。一度の人生、みなさんも74億分の1の出会いを信じて、“ハッピーキャリア”で素敵な出会いを。

9期生 渡邊由季

30代 IT関連会社勤務

ハッピーキャリアプログラムを見つけた時、自分自身を振り返る機会だと感じ受講申し込みをしました。想像以上の授業内容と課題に半年間は瞬く間に過ぎました。個性豊かな先生方から受ける授業から仕事に対して気付きがあり、グループワークでは同期と考えを共有し、新たな視点で物事を見る事にも気付かされ刺激を受ける日々でした。修了する頃には半年前は見ず知らずの他人だった同期が、お互いがお互いを応援しあう関係になっていました。お互いの意見を尊重し、自分の意見もきちんと話せる場は大人になるとなかなか得難く、貴重な時間を過ごせた事を家族にも感謝する半年となりました。学んだ事が今活かされている途中ですが、今も学んだ事からの気付きがあります。その都度、私には必要な時間と出会いだったと改めて実感しています。

8期生 川西真由美

40代 NPO法人シンフォニー

ハッピーキャリアを修了したあと、やったことがないことをしてみようと思い、色々なことに参加していたら、NPO法人で働くことになっていました。今は児童ホーム、学習支援、地域活性などに携わっております。個人団体で活動している古民家再生も助成金の申請がおり、初年度の決算報告も終わり一段落しましたが、活動内容の充実、収支計画の見直しなど問題は山積みです。ハッピーキャリアで勉強したことはほんの触りで、実践で活用しながら日々これでいいのか悩みます。そんな時に一緒に学んだ仲間と話をすると、刺激され初心に戻りまたがんばろうと思えます。やりたい思いだけではうまく行きませんが、失敗することで新しい方向性ができ、またスタートアップする気持ちになれます。イノベーションを自分の中に起こせば、多様性に適応できるようになります。ハッピーキャリアにも柔軟性を持ちながらも芯のある女性が多いと思います。そのような女性達に出会えたことが、さらなる刺激になりました。学んだことはすべて活用しています。今まで勉強したものを進化させるのも自分次第、実践あるのみで迷いながらも前進していきたいと思います。

7期生 高原昌美

30代 語学研修会社

法律事務所やメーカーで事務職に携わってきましたが、キャリアを見つめなおし、これから進むべき道を考えようとしていました。そんな時、ハッピーキャリアプログラムに出会いました。ハッピーキャリアでは知識を得るだけでなく、思考力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力や課題解決力を鍛える場がそこかしこに設けられています。自ら考え、実践するプロセスを何度も繰り返す中で、成長を実感し、ビジネスに必要なスキルを身につけられたことは大きな自信となりました。また、自分を見つめなおす機会を通じて新たな強みを発見できたことは、キャリアを考え直す力強い足掛かりとなりました。そして、向上心が高く、刺激的で、夢を語り合える優秀な同期生の存在は、受講中も、そしてこれからも、モチベーションの源です。半年間の素晴らしい経験を糧に、私は現在、語学研修会社の総務経理部門で働いています。新しい環境に飛び込むことは勇気のいる事ですが、ハッピーキャリアでの素晴らしい経験も、勇気を振り絞って飛び込んだ結果として得られたものでした。まずは一歩踏み出す勇気。その一歩が未来を切り開くと信じて、自分らしく生き生きと進んでいきたいと思います。

6期生 山本知子

40代 株式会社日本確認検査センター

第一子出産を機に専業主婦になり10年が経過していたころ、ハッピーキャリアプログラムを知り、それまでの重い腰が嘘のように受講を決めて飛び込みました。全力で取組むという目標をたて一生懸命取組みましたが、「何をしたいのかよくわからない、何ができるのかも自信がない」という状況は、修了までに打開することができませんでした。まだまだ霧の中にいた私は、「キャリアデザインの授業で自分の棚卸ができて、自分を客観的にみられるようになった」という修了生や同期生の言葉を聞くにつれ焦った時期もありましたが、それから半年ほど試行錯誤するうちに、「自分ができること、やらなければならないこと、やりたいこと」などが整理されてきて、当初は思いもかけなかった着地点が見つかったように思います。最終的にはすんなり就職が決まったようではありますが、受講中に真剣に取り組んだことで知らない間に自信がついていたのかもしれませんし、内省する力もついてきたのかもしれません。これも、真剣にサポートしてくださる先生方や、本当に一生懸命な同期の方々に出会えたおかげだと、心より感謝しています。やっと再スタートを切ったところではありますが、これから先も同期の仲間といい刺激をもらい合って成長していけたらと思います。

6期生 前田 万純

40代 株式会社EMシステムズ 社長室

長年、医療系システム会社で勤務しながら家事、育児を両立させてきましたが、娘が中学に入学し、ひと段落した頃に何か物足りなさを感じるようになりました。そんな時、娘が学校から持ち帰った一枚の案内が私をハッピーキャリアへと引き寄せてくれました。セミナーに参加し、主催されている先生方の女性のキャリアに対する熱い思いに触発され、一旦自身のキャリアを中断させてもこのプログラムで自分を磨きたいと思い受講に至りました。受講中は今まで見ぬふりをしてきた自分の至らなさを内省し、逆に気付いていなかった強みに気付くことが出来ました。また熱意あふれる先生方と、優秀な同期の仲間に刺激を受け、濃密で充実した半年間を過ごすことが出来ました。このプログラム受講中にかつての勤務先に研修担当として復職することが決まり、現在、プログラムで学んだ事をフルに活用出来る仕事に就ける幸運に恵まれています。修了式でモチベーション持論に掲げた「常に何かを学ぶ」ことを忘れず、前を向いてキャリアを重ねていきたいと思っています。

3期生 白井 律子

大学 キャリアセンター

きもの・宝飾品の専門商社にて営業企画、短期社員の労務管理などに従事した後、ハッピーキャリアを受講しました。Planned Happenstance!! 偶然起きた出来事を最大限に利用すること。まるでボーイスカウトのように「備えよ、常に」を実践し、チャンスを掴むことを学びました。素敵な仲間たちに刺激され、キャリアカウンセラーになることを目標にし、受講と同時並行の講習で学び、資格を得て、公的機関に就職することができました。受講中から「キャリアセンターで大学生の支援をしたい」と言っていたのですが、インターンシップ中に訪問した大学に、偶然にも最近転職することができました。現在、学生と一緒に考え、共に成長させてもらっている充実した毎日を過ごしています。ハッピーキャリアに出会った偶然から今があることを、改めて実感しています。

2期生 森本 香惠子

30代 インテグラル・テクノロジー株式会社

企業で事務職として働いていましたが、第1子の出産を機に退職し専業主婦となりました。第2子出産後、社会と関わりたい気持ちが強まり、再就職を目指してハッピーキャリアを受講しました。当初は、授業や課題、家事育児との両立など、自分に関わる色々なことに目を向けながらこなしていくのは大変でしたが、自分のこれまでを振り返り、今後どうしていきたいのかをじっくり考えることのできる貴重な時間となりました。受講メンバーからのアドバイスもあり、限られた時間のやりくりなど、再就職に向けた基盤固めが出来ました。今でも、ハッピーキャリアの仲間との交流で前に進む勇気とエネルギーをもらっています。

起業

10期生 岡下 真弓

50代 美耀憧 代表、美養エイジングアドバイザー

なぜ私がハッピーキャリアプログラムを受講したのか?それは、説明会時に先生が話された「単なるステップアップではなく、これからの人生を前向きにしていくプログラムです」私はこの言葉に、心が揺さぶられたからです。
それまでの私は「起業する」漠然とした想いを抱きつつ、趣味の延長のような中医学アロマ講座講師と薬局薬剤師の二足のわらじをはいてきました。しかし、授業を通じ、私に欠けていたものを見つけることができたのです。
それはグループワークプレゼンの発表と、薬剤師の繁忙期と重なった時のことです。「もうだめかも」と心底辛く感じました。そんな時「私はここまでやっておくから、ねえさんは締めのメッセージだけ考えといて」と、リーダーであった私のかわりに、自主的にメンバーがサポートしてくれました。グループワークでは意見がぶつかりあうこともありました。しかし皆が立場を踏まえながら、協働し、自分なりの存在価値を見いだしていたのです。今まで私に欠けていたもの。。。それは「何かを成し遂げるため、皆を心地よく動かす“影響力”」だとその時気づかされたのでした。またビジネスプレゼンテーションの授業では、起業の内容や、「なぜそれをしたいのか」と、深堀りをすることができ、事業プランが明確になりました。
私はハッピーキャリアプログラムで学んだすべてを活かし、中医学アロマと薬膳の知識で、人々の健康維持プログラムを提供する「美耀憧」を立ち上げることができました。感謝と同時に、これからが本番だと心に誓います。
 美耀憧https://www.biyou-do.com/

9期生 山本 喜子

30代 フリーランス

育休復帰後、仕事と家庭の両立がうまくいかず、19年間勤めた会社を退職しました。その後、「絵を描く事を仕事にする」と決めた時に、ハッピーキャリアプログラムの存在を知り、自分に不足している物がここにあるのでは?と思い受講することにしました。授業では、自分自身を棚卸し、どうしたいのか、どうありたいのかを明確にしました。絵を描く事を仕事としてどう取り組むべきか、多角的な見方や考え、そして専門的な知識も学びました。たくさん課題もあり大変でしたが、同期の仲間達と切磋琢磨しながら最後までやり遂げ、修了時には「私の夢はこれです!」と自信を持って宣言することができました。そして、何よりも先生方や仲間達との素敵な出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

8期生 羽柴 尚子

40代 キャリアカウンセラー

40代を目前に控えたある日、偶然駅の看板で「ハッピーキャリア」という文字が目に入りました。当時私は8歳、6歳、4歳の3人の子育てをしながら、キャリアカウンセラーとして求職者の就職支援を行っていました。「働き方には満足しているけど、この先もこのままでいいのだろうか・・・」そんな迷いの中、突如として入ってきた言葉。私は自分のモットーである「キャリアは自分で切り開く」を思い出し、迷わず申込みをしました。受講後は久しぶりの学びの時間が楽しく、大学時代よりも真剣に講義を聞いたかもしれません(笑)課題提出前は寝不足の日々が続きましたが、仲間たちと共に切磋琢磨しながら課題をやり抜くことは大きな充実感を味わえ、私に次のステップに踏み出す勇気も与えてくれました。ハッピーキャリアはビジネスに必要な知識やスキルを学ぶ場だけではありません。「自分にとってハッピーな人生は何か」と自分自身を徹底的に追及することで、自分の心の声や強みを知ることもできます。受講後は確実に何かが変わり、行動を起こせるようになっているはずです。

8期生 松本 真規子

30代 ポジティブアロマ・チアーズ!代表・ラジオパーソナリティ

ハッピーキャリアでの半年間は、やりたいことをやり続けてきた私に新たな気づきを与えるものとなりました。こんなに自分を見つめ、過去を振り返り未来を思い描いた期間はありません。やろうと思ってもなかなか出来ないこれらのことを、ハッピーキャリアの先生方は課題という名のギフトに変えてくださるからなのです!起業前の知識が欲しくて参加した私でしたが、それだけではなく同期や先輩、先生方との出会いから自信と自覚も得た気がします。娘が幼稚園二年目に入った春にそろそろ社会復帰をと漠然と考えていましたが、それから一年もたたない今は起業を目前に控えています。介護をしている方をアロマテラピーで支援する事業です。「そのエネルギーはどこから?」とよく聞かれます。出来ない理由ではなくどうすれば出来るかを考える「あきらめない気持ち」からだと、ハッピーキャリアを経た今はそう思います。
ブログ https://note.mu/cheers_makico

7期生 田村 美紀

30代 橋本フーズ株式会社 風月庵南坊

受講時私は小学校1年生の息子を筆頭に3児の母でもあり、実家の製餡業の菓子製造販売業でのマネージャーという立場でした。現場で実践をしていても、どこか物足りないところがあり、魅力的な講義内容に、迷いなくハッピーキャリアに飛び込みました。実際興味深い講義が多く、極力たくさんの講義を受講、仕事を短縮しハッピーキャリアをやりこなすのは相当大変でしたが、受講することで、働く女性として将来へ向けてパワーをいただきました。特に『起業とビジネス』の講義では、自分の漠然とした起業目標を話し、時にはメンバーと夜中まで話し合い、起業企画提案を講義でプレゼンしました。その時の起業に向けて真剣な受講生との討論は大変役に立ち、実際商談できるプレゼンの基盤となりました。また、何よりも学ぶ意識の高く、キラキラ輝くハッピーキャリアの同期生と出会えた事が私にとって宝物で、今後もお互い刺激し合える仲間に出会えた事に感謝しています。
菓匠 風月庵南坊 http://www.fugetsuan.com/
橋本フーズ株式会社 http://www.hashimoto-foods.co.jp/

6期生 青木 菜穂

30代 化学品・水産品商社

第二子の出産を機に退職し、専業主婦となりましたが、いつかまた再就職したい、その際に自分のキャリアに何か役立つ勉強をしたいと考え、ハッピーキャリアプログラムに参加しました。「キャリアデザイン」の講義の中で、自分の今までのキャリアの棚卸しをし、家庭や子供のことも含めてどうバランスを取って仕事をしていきたいのか、見つめなおす時間を持つことができたことが中でも貴重な機会となりました。ちょうどプログラムを受講していた期間に、夫とともに家族の会社を承継することを決め、再就職という方向ではなく、自分で会社を経営するという目標もできました。また、ハッピーキャリアプログラムの中で、いろいろな経歴を持った同期たちに出会えたことも大きな財産です。刺激的な同期たちとともに、日々話をする中で、今までの「こうあるべき」と思い込んでいた自分の価値観が変わったと思います。

6期生 金剛 孝子

50代 エデュースアカデミー 代表

私は、子ども英会話教室の指導者として長年教室運営をしてきましたが、その経営状態は不安定で、私の収入がほとんどない時もあり、友人からは『NPO教室だね』と言われていました。私自身は子ども達との授業はとても楽しいし、生活が掛かっているわけではないし、家賃も払えているのだからそれで満足だと思っていました。しかし、生徒数の減少で必要経費が重圧になってくる経営状態はやはり何とかしたい、きちんとビジネスとして健全な運営をしていきたい。それには私にはビジネスに関する知識が不足している、どうしたら良いか…。そう思い始めた2013年の夏に、私はこのハッピーキャリアのプログラムを見つけました。プログラムは会計、IT、ビジネスプラン…と、まさに私が必要としているビジネスの基礎を学べるものでした。でも、他の皆さんについていけるだろうか、仕事と家庭と勉強の両立は可能だろうか…不安に思い悩んでいた時、迷っている私の背中を『チャンスだよ』と押したのは母でした。また、同業の友人が仕事を代わって受け持ってくれたり、子ども達が家事を手伝ってくれたりと、周りの助けで最後まで乗り切ることができました。チャンスの神様は前髪しかないそうです。皆さんも、もし迷っておられるなら、この好機を逃さず、まずはチャンスをつかんでください。
http://educe-academy.jimdo.com/

2期生 吉岡 まち子

30代 おやこフィットネス

「そんな・・・起業なんて自信ないです」といかにも自信なさげに答えた5年前の私。選考時の面接は、自分がどう働きたいのかもわからない状況でした。このプログラムは、自分を知ることから始まりました。何が好きなのか、苦手なのか、何をしたいのか、働く上で、生きていく上で1番大切なことは何か・・・。素晴らしい先生方、志が高くバイタリティあふれる仲間に囲まれ、実践的な講義を受けるうちに、起業なんて頭の片隅にもなかったものが、頑張ればできるかもしれないと思えるようになりました。今「つい自分にブレーキをかけてしまう方」へお勧めのプログラムです。
http://ameblo.jp/oyako-fit/

1期生 岡村 妃良子

40代 エスペランサ・キャリア代表

ハッピーキャリアに出会った時、家庭・介護・仕事の両立が上手くできず、身体をこわし、仕事も失い、経済的にも、精神的・肉体的にもどん底で、自分の将来にまったく希望がもてない状態にいました。受講を通じ、自分自身のキャリアについて正面から向き合う経験をし、多くのことを学び、チームを組んで課題にチャレンジしていく過程で、未来に希望を持つことが出来ました。受講をきっかけに学び続け、現在は、フリーのキャリアコンサルタントとして、キャリアに関する問題解決や目標達成を支援し、キャリアを自分の手に取り戻すお手伝いをしております。

1期生 釜渕 優子

30代 YUMA Teaching Japanese Firm代表

日本語教師だった私にとって、ハッピーキャリア受講はまさに起業に最適なスタートアップとなりました。ビジネスや起業に必要な知識の基礎を習得できたことで不安が軽減され、講師の先生方や仲間の応援のおかげで、無事起業することができました。起業5年目の現在は、外国人新入社員向けビジネス日本語研修、留学生への就職活動支援のみならず、外国人を受け入れる側の日本人社員向け研修など、徐々に仕事の幅も広がってきました。これもすべてハッピーキャリア講座と出会えたおかげと大変感謝しております。
YUMA Teaching Japanese Firm
HP:http://www.yuma-japanese.com

ページ上部へ戻る