ハッピーキャリアプログラム 女性の仕事復帰・起業コース ーリカレント教育ー

News&Information最新情報

第7期の入校式が行われました

2014.10.10 お知らせ

nyukou14-1.jpg
2014年10月1日(水)に、ハッピーキャリアプログラム第7期入校式が行われました。

今年度は年齢や生活環境などバラエティに富んだ21名の受講生を迎え、緊張感漂うなか、入校式が執り行われました。

本プログラムの企画責任者の大内准教授より、ハッピーキャリア受講にあたっての3つのお話をいただきました。

1.『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』と福澤諭吉が言った、その意味は?
  ある受講生の答えは「生来、人間は平等であり、貴賤・貧富の差は初めからあるものではない。」と。その場にいるスタッフを含め全員が同じように思ったが、違うという。実はその続きがあって、「勉強して知識を蓄えれば蓄えるほど人は高みに行けるのだ。人間は同じではない。」と言っているとのこと。そのように、ハッピーキャリアプログラムを受講して知識を深め、より実のある人生を送ってほしい。

2.『情けは人の為ならず』から
  人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがては巡り巡って自分に返ってくる。人には親切にせよという教え。授業ではグループワークやレポートも多く、途中で辞めたくなるほど辛いこともあるかもしれないが、受講生みんなで助け合い、充実した学びの場にしてほしい。それは、この後のビジネスの場に入った時にも通ずることである。

3.ハッピーキャリアでは貪欲に積極的に楽しんでください。
 プログラムでは最高の材料を用意し、最高級の料理法をお伝えするが、料理をするのはあなた。

受講生たちの表情は真剣そのもので、お話を真摯に受け止め、これからの半年間、何が起こるか不安とともに楽しみにしている様子でした。

午後にはさっそく最初の授業「キャリアデザイン」が始まりました。受講生の自己紹介もなされ、皆さんの個性がちらっと見え、笑い声に包まれて和やかな雰囲気になりました。
今年も一人ひとりが夢や希望に燃え、ハッピーキャリアプログラムがスタートしました。これから半年間、自身のめざすキャリアに向けて自分磨きが始まります。

nyukou14-2.jpg




















ページ上部へ戻る