当コースは、厚生労働省「専門実践教育訓練給付金」認定事業、および文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)認定事業です。

トップページ > 講師紹介

講師紹介

池田 新介

  • 大阪大学 博士(経済学)
  • ファイナンス

プロフィール

経営学の応用という視点から、とくに行動経済学とファイナンスの分野で長年教育と研究に携わってきました。現在は、その専門的な知見をどのようにビジネスの現場や社会に活かしていけるかをテーマに活動しています。高い志をもった女性たちが参加するハッピーキャリアプログラムはそうした社会還元の絶好の機会だと思っています。

メッセージ

企業経営などビジネスの現場はもちろんですが、公共政策の運営や個人投資家としての意思決定にも、ファイナンスの知識や考え方は必要不可欠です。投資家や企業にとって株式と債権はどう違うのか?リスクとは?どのように投資すればいいのか?こうした基本的な問題についてみなさんと考えていきたいと思います。

猪口 明博

  • 大阪大学 博士(工学)
  • データサイエンス

プロフィール

外資系企業の基礎研究所、大阪大学を経て、現在、理工学部でデータサイエンス、人工知能の研究・教育に携わっています。学生時にデータサイエンスに出会って以来、一貫してこの分野で研究を続けてきました。その間、基礎研究と並行して、複数の企業と共同研究を行い、企業のもつ実データを解析した実務経験もあります。

メッセージ

近年、人工知能(AI)に注目が集まっていますが、データサイエンスはAIの中核をなすものです。これから社会復帰や起業をお考えの方々が、これからの社会において、この技術を採用する可能性は非常に大きく、この機会に是非学んでほしいと思います。本講義では、この分野の技術の重要性や面白さを伝えていきたいと思います。

瓜生 稔

  • 関西大学 学士(文学部)
  • コーチング&ファシリテーション

プロフィール

外資系コンピューターメーカーにて営業に従事。その後、2社の教育研修会社を経て、株式会社ヒューマンラボを共同設立し、代表取締役に就任、現在に至ります。この間、経営はもちろん、自ら講師、コンサルタントとして組織風土の改革や、人事制度の構築、人材育成の支援を行ってきました。

メッセージ

コーチング&ファシリテーションは、人が組織や人とともに何かを成しえようとした時に求められる必須のスキルです。自らのキャリアアップを考えれば組織や周りの人と良い関係を築き、さらに合意を形成することが必須の要件になります。この科目では、そのために必要なことをともに考え、実践し、身につけていただきます。

大内 章子

  • 慶応義塾大学 博士(商学)
  • 組織マネジメントⅡ
  • 人的資源とキャリア開発

プロフィール

総合商社勤務の後、経営について学びたいという思いと企業での働き方への疑問から、退職して慶応義塾大学大学院で学びました。女性の就業継続や管理職昇進など女性のキャリア形成の研究を背景に、本学にて「ハッピーキャリアプログラム 女性の仕事復帰・起業コース」、「女性リーダー育成コース」の姉妹コースを立ち上げ、企画運営しています。

メッセージ

一歩を踏み出したら人生が変わったなどの受講生の高い満足度と修了生の活躍を原動力に、ハッピーキャリアプログラムを企画統括して11年になりました。授業では頭と手、そして心も動かして多くのものを得ていただきたいと思います。講師陣、スタッフ、修了生、協力団体・企業の皆様の力を結集して、皆さんの受講をお待ちしています。

プロフィール

証券会社で総合職として3年間勤務後、マーケティング・リサーチ・サービスに転職しました。大阪で放送局、各種消費財メーカー、エネルギー関連企業などのクライアントの仕事を担当し、商品開発、ブランディング、コミュニケーション開発、新規事業開発など各種課題に取り組みました。2009年東京に転勤し現職です。

メッセージ

AIなど高度な情報処理技術が世の中の既存の仕組みをひっくり返す時代を迎え、自分のビジネスに必要なデータを選び取り、活用することは、できて当たり前な「仕事の前提」となってきつつあります。ややこしい計算は機械に担わせることができても、データの扱いや分析手法、そして解釈の際に陥りやすい罠に精通しておかねば、大事な判断を誤ってしまいます。本講義では、自分のビジネスに必要なデータの作り方、またそのハンドリングの仕方、そして解釈の方法の一連を体験し、科学的かつ合理的なアプローチを身につけて頂きたいと思います。データは苦手、というかたも、ぜひこの機会に一緒にがんばりましょう。

定藤 繁樹

  • 神戸大学 経営学修士(MBA)
  • 起業とビジネスプラン

プロフィール

大阪ガスに30年近く勤務し、新規事業開発、産学連携、ベンチャー企業の創業支援などを担当してきました。魚釣り、陶芸を始めたばかりです。大学ではバスケットボール(男・女)部部長。大学発ベンチャー2社の共同創設者でもあります。

メッセージ

できるだけ自然体で楽しく発想。簡単なことでもでもいいので「実践(OUTCOME)」を重視します。実践・経験から学びたいと思います。

佐藤 善信

  • 兵庫県立大学 博士(経営学)
  • クリティカルシンキング
  • 組織マネジメントⅢ
  • 経営戦略

プロフィール

元々は昆虫学者(蝶の生態学者)になることを夢見て青春時代を過ごしてきましたが、経営学者になってしまいました。ですが、その時にマスターした生態学や分類学は経営学者としての研究に凄く役に立っています。また、昆虫に向けられていた好奇心は経営現象の謎解きにも大いに発揮できています。

メッセージ

私の経営学者としての活動(教育、研究、コンサル)の基盤はケースにあります。ケースベースの理論研究は私のコンサルタントの仕事に役立ちます。また、企業での経験は私が理論を進化させる原動力になります。それらの経験はケースメソッドとしての私の教育手法の特徴にもなっています。是非、三位一体の授業を楽しんでください。

谷村 真理

  • 関西学院大学 経営学修士(MBA)
  • 会計・財務諸表

プロフィール

大手金融機関勤務を経て、中小企業診断士として独立開業。「Cool Head but Warm Heart」をモットーに、ベンチャー企業・中小企業の経営戦略立案や新規事業開発などをサポートしています。また、起業家や若手人材の育成にも力を入れており、大学等での教育や産官学連携にも尽力してきました。

メッセージ

「財務」「会計」と聴くと、数字がたくさん並んでいる決算書を思い浮かべ、とっつきにくいなあ...と感じる人も多いと思います。しかし決算書は企業の「健康診断書」。まさに情報の宝庫です。ツボを押さえるだけで、世界が変わります。ビジネス・ウーマンにとって欠かせない数字の世界。ハッピーキャリアの仲間と一緒に体感してみませんか?

玉田 俊平太

  • 東京大学 博士(学術)
  • ハーバード大学(MPA)
  • イノベーション

プロフィール

ハーバード大学大学院にてマイケル・ポーター教授、クレイトン・クリステンセン教授らから指導を受けました。筑波大学専任講師、経済産業研究所フェローを経て現職。研究・イノベーション学会評議員。平成23年度TEPIA知的財産学術奨励賞会長大賞受賞。著書に『日本のイノベーションのジレンマ 破壊的イノベーターになるための7つのステップ』、監訳に『イノベーションのジレンマ』、『イノベーションへの解』など多数。

メッセージ

企業が競争優位を獲得・維持し続けるためには、新たな製品・サービスやビジネスモデルを創造する能力、すなわち、イノベーション能力がますます重要になってきています。逆に、うまくイノベーションを起こすことができなければ業界トップの優良企業であっても新規参入企業に打ち負かされ滅んでしまいます。私の講義「イノベーション」では、イノベーションを起こすために必須の知識や考え方を、具体的な事例でわかりやすく理解していただくことを目指します。

西本 凌

  • マサチューセッツ工科大学
(MBA)
  • ボストン大学(LL.M)
  • 事業革新

プロフィール

レガシー系・新興系、リアル系・サイバー系、事業会社・ファンド等、幅広いビジネスモデル、経営実務を経験してきました。多くの事例を体系的且つポップにご紹介します。

メッセージ

顔は怖いですが、肌つやよく結構若く見られます。ネットワークも狭くなく、面倒見のいい“ちょい悪おやじ”感覚で授業を進めていきたいと考えています。

船越 伴子

  • 関西学院大学 経営学修士(MBA)
  • プレゼンテーション
  • 組織マネジメントⅠ
  • アクションラーニング

プロフィール

商社にて人事業務を経験後、教育研修団体を経て株式ヒューマンラボを共同設立し、企業研修講師、キャリア開発や組織開発のコンサルティング、学生の就職支援など、人材に関わるトータル的なサポートを行っています。誰もがイキイキと、充実した仕事人生を送れるためのお手伝いをしていきたいと思っています。

メッセージ

必修3科目を担当します。組織マネジメントⅠでは、女性の働き方やキャリア形成の学びを通じ、あなた自身のキャリア形成をじっくり考えます。アクションラーニングは、様々な授業で学んだ知識を活用し、フィールドワークで、リーダーとしての要諦を学びます。このプログラムで名実ともにリーダーとして成長していきませんか。

山本 昭二

  • 神戸大学 博士(商学)
  • マーケティング

プロフィール

関西学院大学に奉職して30年経ちました。生まれてからほとんどの期間西宮に住んでいますが、震災以降の変化の大きさには驚いています。最近は東京での仕事が多いのですが、空き時間ができると美術館や博物館を覗いています。東京は狭い地域に多くの施設があるので、そういった意味では便利ですね。

メッセージ

社会人の皆さんか、時間を削って勉強される姿勢にはいつも感心しています。マーケティングはこの10年で大きく変化をした分野の一つです。先端的な現象だったスマートフォンで商品を買うといったことが、ごく当たり前のようになっています。どんなことでも一歩目から始ります。今回の科目は、入門科目ですがその先を見据えて取り組んでください。

メッセージ

新しく始まる女性リーダー育成コースは、そもそも管理職など意識になかった女性、組織の中でどうやって女性が活躍できるようにすればいいか苦慮されている企業、そのどちらにも「本当に実行できる」コンテンツを詰め込んだコースになっています。リーダーになりたいと思っている女性はもちろんですが、リーダーなど自分の柄ではない、と思っている女性にこそ受けていただきたい、そういう女性をぜひ企業の皆さんに送りこんでいただきたいと思っています。

中野 星子

  • 組織マネジメントIII

メッセージ

女性が働く環境については、まだまだ制度の整備や意識改革が必要ですが、私が入社した当時と比較して良くなってきていると思います。今や、ワ-ク&ライフバランス、ダイバ-シティ-という言葉がよく聞かれるようになりましたし、政府も2030プロジェクト=「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位の女性の割合を最低で30%程度にする」という目標を掲げています。目の前に道は開かれているのです。是非とも、より多くの女性の方にキャリアアップを目指し、活躍して頂き、日本の発展に寄与して頂きたく思います。そして、これまでの私の経験が多少なりともお役にたてればと、今回の講師をお引き受け致した次第です。一緒に頑張りましょう。

メッセージ

男女雇用機会均等法が施行されて30年以上が経ち、女性の就業環境は大きく変わってきました。様々な分野でたくさんの女性が活躍されているのを見聞きし、頼もしく感じているところです。日本社会をより良くするためには、更に活躍の場を広げ経営に近いところで実力を発揮する女性がもっと必要だと思っています。一歩ずつキャリアの階段を昇るための、自分なりの戦略を見出だすことができるこのプログラムに関われることは、私にとってこの上ない喜びです。ご一緒に学びましょう!