プログラム概要
OUTLINE

本プログラムの目的

少子高齢化の進展と孤独死が社会問題となり、少子多死社会が待ち受けているなか、行政が提唱する地域包括ケアシステムを実現するためには、QOLやその先のQOD向上を目指す地域医療は避けて通れない大きなテーマであります。地域医療の充実を図るためには、病院、診療所、薬局、介護施設等の連携が欠かせません。当大学ビジネススクールでは、既に病院経営に関する科目を設置しておりますが、それらの科目をベースに地域医療を目指し、次世代医療人材を育成することを目的としております。

本プログラムの概要

プログラムの名称 「診療所を中核とした地域医療経営人材育成プログラム」

地域医療社会を実現していくためには、とりわけ、日頃から地域住民に一番近い身近な医療機関である診療所の経営革新ならびにサービス業としてCSの視点を取り入れたサービス品質向上が重要となります。本プログラムは、医療従事者としての専門技能や技術に関わる内容ではなく、“医療サービス経営” という視点から、経営者として習得すべき基本的な経営マネジメントはじめ地域医療に求められるマネジメントスキルの習得に主眼を置いた内容で、座学&ケーススタディ方式でプログラムを提供します。

地域包括ケアシステムと地域医療

地域包括ケアシステムとは、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、団塊の世代が75歳 以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、厚生労働省が提唱する「住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域社会システム」のことで、地域医療はそれを医療・介護分野の視点から具現化するものです。 よって、地域医療は、地域包括ケアシステムを構成する1つのシステムとして捉えることができます。

診療所の役割

診療所は、地域住民一人ひとりの初期診療 (プライマリケア)と在宅医療で、地域患 者のQOLとその先のQOD向上を担うと いう重要な役割があります。地域患者の異 変を迅速に的確に察知し、急性期診療が必 要な患者の命を守るために一般病院や特定 機能病院と連携していく、まさに診療所は、 地域医療実現のための要となる医療機関と いえます。