受講をご検討の方へ
REQUIREMENTS

受講科目紹介

座学だけでなくケーススタディも多用し、理論を学ぶと共に実践力を身につけていただきます。

第4期の授業内容も基本的には第3期と同じです。

科目名 授業概要
マーケティング1,2 セグメンテーション、ターゲティングからポジショニングに至る道筋を平易に説明します。その後で顧客満足から顧客維持戦略に至る道筋を解説します。MBAの授業で行われる方法を利用してケース教材を使ったディスカッションを行います。
経営戦略1,2 経営上欠くことのできない戦略の「基本的な論理」を理解するだけでなく、さらに一歩踏み込み、戦略の策定に伴って必然的に生じてくる諸問題を検討することによって、有効な戦略とは果たして如何なるものかを実践的な観点から多面的に明らかにします。
会計・財務諸表 キャリアアップに欠かせない基本的な会計知識を学び、財務諸表を読めるようにすることで経営センスを磨きます。
人的資源とキャリア開発 重要な経営資源である「人」をテーマに、従業員がどの様に動機づけられ高度な技能を習得・発揮し、キャリアを築いていくのかなど、基本的な理論や概念を学習します。従業員と企業のWin-Winの関係づくりを目指します。
情報システム 今日の企業経営において情報システムの役割は著しく増大しています。しかしながら、システムへの投資コストは年々増加する傾向にあり、またビジネス環境の変化に情報システムが柔軟に対応できないといった問題も指摘されています。本講義では、変化の激しい現在のビジネス環境における効率的かつ効果的な情報システムのあり方とは何かを探っていきます。
地域包括ケアと医療経営 本講義では「地域医療のマネジメント」という観点から、社会医学、地域経済学、社会福祉学などを学際的に学び、地域医療経営の様々な問題について議論します。特に住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される体制を目指す地域包括ケアシステムにおける地域医療に焦点をあてます。
ソーシャル・
マネジメント
地域では、医療・福祉などの公共サービスを中心に様々な非営利・営利組織が地域医療を支えています。本講義では、地域医療に関わる組織が少子高齢化や人口減少、地域創生や地域活性化など地域が抱える問題解決にどのように貢献し、今後どのような発展が可能かについてケースを用いて議論します。
サービス・
マーケティング
サービス・マーケティングは、サービス業だけではなく製造企業にとっても重要な経営課題となっています。本講義ではサービスの特質とサービスを提供する組織の抱える課題の理解からはじめて、顧客と従業員の相互作用によって起こるサービス生産までの理解を目指します。
医療経済学 超高齢社会における医療の質と安全に関わる政策、制度、経済、倫理の基礎を学ぶと共に、臨床現場の見学やマネジメントの実際を考察することにより、広い視野から医療施設や医療関連企業の在り方を考える端緒とします。
組織管理 企業は環境の変化に対応すべく多様な手段に訴えている。その中で管理の在り方も変わっています。講義ではその管理の在り方をリーダーシップの観点から、考察します。特に、階層上の地位に依存しない中間管理者の可能性に的を絞って考察します。
管理会計 様々な組織(民間、非営利、パブリック)における各種意思決定、計画設定、業績管理に資する管理会計は、組織経営の共通言語であると共に、経営管理・ガバナンスのツールの中核を 占めるアカウンティングの重要な分野であります。本講義では、管理会計の基礎理論を中心に、管理会計を体系的に習得していきます。
医療機関
事業承継
本講義では、診療所を運営する医師の事業承継を中心として実践的な問題を取り上げます。親族等による承継では相続の問題などを中心として、地域に親しまれている「かかりつけ医」が果たす役割を都市部と地方の実情に合った形で講義を行います。
医療機関
事例研究
本講義では、医療機関、特に診療所と病院の経営上の問題をケースを中心にして議論します。そこで取り上げられるのは、地域医療と関連した経営事例であり、専門性を有した診療所や地域の中核医療機関として成功している病院などを紹介する予定です。この講義では都市部に偏ることなく地方や海外の事例も検討対象とします。

シラバス(PDF形式:407KB)