経営戦略研究科について

ニュース・イベント

【7月27日開催】アカウンティングスクール&ビジネススクール 地方自治体関係者・地方独立行政法人関係者向け合同説明会のご案内

  • 入試説明会

2019年7月5日

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科には、自治体関係者(職員・議員)と地方独立行政法人関係者(特に病院と大学の関係者)向けに、2つの学習プログラムが用意されています。一つは会計(財務会計・管理会計・監査・税務)に強い自治体関係者を養成するアカウンティングスクール(AS)のプログラムで、もう一つは経営(マネジメントとガバナンス)に強い自治体関係者・地方独立行政法人関係者を養成するビジネススクール(BS)の自治体・医療・大学経営プログラムです。2020年4月に入学を希望される自治体関係者を対象に、下記の要領で説明会を実施します。皆さんのご参加をお待ちしています。
<参加費無料・事前申し込み不要>


【日時・場所】
2019年7月27日(土) 16:30 ~ 17:30
関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1005教室


【内容】

16:30~ アカウンティングスクールとビジネススクールの説明

稲沢 克祐 アカウンティングスクール教授
総務省 地方公会計の活用のあり方に関する研究会委員、枚方市施策評価委員長など歴任

石原 俊彦 ビジネススクール教授
豊橋市公契約審議会会長・第30次地方制度調査会委員・元奈良市監査委員
17:15~ 質疑応答



【講師紹介】

稲沢 克祐

博士(経済学)関西学院大学

東北大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、会計に強い公務員を目指すプログラムを担当。群馬県庁にて、地方税、予算編成(財政課)の仕事に従事。英国に2年間駐在した後、四日市大学総合政策学部を経て現職。英国自治体の行財政改革を研究テーマとし、実践活動としては、外務省政策評価アドバイザリー委員、総務省 地方公会計の活用のあり方に関する研究会委員、名古屋市行政評価委員長、川西市経営評価委員長など、国、自治体にて、数多くの公職を歴任。主な著書に『英国地方政府会計改革論』(ぎょうせい、2006年)、『公会計(新訂版)』(同文舘出版、2009年)、『自治体歳入確保の実践方法』(学陽書房、2010年)、『増補版 行政評価の導入と活用』(イマジン出版、2012年)、『自治体の財政診断と財政計画』(学陽書房、2013年)、『一番やさしい地方交付税の本』(学陽書房、2016年)、『50のポイントでわかる 地方議員 予算審議・決算審査ハンドブック』(学陽書房、2018年)がある。

主な担当科目:公会計論、財政学、経済学

石原 俊彦

博士(商学)関西学院大学 公認会計士

総務省地方行財政検討会議構成員、内閣府第30次地方制度調査会委員、名古屋市交通事業経営健全化委員会委員長、奈良市監査委員など、政府と地方自治体の公職を多数歴任。現在も京都府参与(業務改善担当)や豊橋市公契約審議会会長を務める。公認会計士の資格を持ち2011年から日本公認会計士協会本部理事を1期務める。国際活動として英国勅許公共財務会計協会(CIPFA)本部理事兼日本支部長。英国の公共部門に幅広いネットワークを持ち、2007年から5年間英国バーミンガム大学客員教授。国際公会計学会会長(2013年8月~2016年8月)。第24回日本公認会計士協会学術賞(1996年)と第12回日本内部監査協会青木賞(1999年)を受賞。

主な担当科目:会計学、公共経営論、公共政策

【問い合わせ先】
関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科
TEL:0798-54-6572

IBA HOME

|

ニュース

|

【7月27日開催】アカウンティングスクール&ビジネススクール 地方自治体関係者・地方独立行政法人関係者向け合同説明会のご案内